FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日

 生誕日記――生まれてきたことを全ての人に感謝しつつ、自分におめでとう。


 今日で19歳になりました。
 これも偏に皆さまのおかげです。
 これからもがんばります。
 どーも、友井架月です。


 今日は早朝4時半から起きてさくらんぼの手伝い。
 ビニール・網かけばっこんばっこん。
 曇りの予定が日差しが強くなり、汗がにじんできました。
 そんな感じで午後2時過ぎまで労働。
 そんなこんなで、自分の誕生日をすっかり忘れてました。

 それでも、予定通り単発小説は更新できました。
 他にも中途半端の小説を更新したかったんですが、それはまた後日。
 今日は疲れました。もう休ませてください。
 昨日から祖母の家に泊まりに行っていたんで、1日PC触っていません。
 PC依存症なんで、無性にムラムラしていました。
 これからネットサーフィンですかね。
 とりあえず、本日は後そんな感じです。
 誕生日だっていうのに、割とあっさりしています。
 まあ、18歳から19歳になったってだけですし。
 それでも十代最後の一年になるので、気合入れて行きたいと思っています。
 これから自分がどれだけ進めるかは分かりませんが、精進だけはしていきたいです。
 そんなことを思いつつ、今日はお開きにしたいと思います。

 それでは、またの日記にて。
 友井架月でした☆
 

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

SとMの境界

 ××日記――山葵とかタバスコとか、刺激の強いものが好き。むしろ、俺の刺激のほうが強い。


 自分ってSだなぁって思う瞬間。
 この前、弟が足を吊ってひくついていたとき、足を攻撃して悶絶させてやった。
 弟の叫び声を聴きながら、俺は嬉々として足を蹴りまくっていた。
 凄く楽しかったです。
 どーも、友井架月です。


 気がついたら明後日誕生日だった。
 すっかり忘れていた。
 最近は学校に慣れてきたとはいえ、毎日が忙しくて怒涛の日々です。
 一週間がとても早く感じます。毎日違う授業をこなしているからでしょうか。
 こなさなければならない課題や授業で大変ですが、楽しいもんです。
 おかげで五月病にならずに済んでいます。
 ま、もうすぐ六月病になりますが。

 それよりも、友井は誕生日の日にさくらんぼの手伝いですよ。
 朝も早くから農作業ですよ。
 どうなるかは分かりませんが、ブログは更新すると思います。
 友井が生きていれば、ですが。

 話は戻って、自分のSっ気は相当のものだと思いました。
 先週も祖母の家に農作業をしに行っていたんですが、そこでもカエルやら猫やらを追い掛け回していました。
 己の狩猟本能が叫ぶんです。おんどりゃー!って。
 捕まえたカエルを天高く掲げ、飛べー飛べー!って叩いたり。
 自覚がある分手に負えないんでしょうね。
 抑える気なんて毛頭ありませんが。
 そんな自分が、嫌いじゃないんだな。
 ドSでいられる内が華だと思うんです。
 自分がMになったら、たぶん、小説を書く楽しみも薄くなると思いますので。
 これからも、Sでい続けようと思います。
 そんな決意はいりませんか。
 それでも、今のままの自分でいますが。

 それでは、誕生日にまた更新します。
 友井架月でした☆

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

百合のススメ

 紹介日記――禁書の最新刊が7月に発売ですってよ、奥さん。あ、禁書は本編とは関係ありませんよっと。


 何か最近、百合の話しかしてねぇって思ったんさ。
 ま、今日も百合の話なんだけどさ。
 どーも、友井架月です。

 昨今の百合業界は大変賑わってて良いね。
 そんなこんなで、友井もひとつ業界に貢献しようと思い、百合作品の紹介をしようと思いました。
 それでも、メジャーな作品は俺が宣伝せんでもどこででも評判だと思うので、ここはひとつ、百合作品としては知られてないけど、実は素晴らしい百合ってのを紹介したいと思います。
 百合の復興!復興!ってな感じで。
 紹介とか苦手なんですけどね。がんばって魅力を伝えられればなと愚考。
 それではっ、行きます!

 本日紹介するのはANGEL+DIVE CODEX (1) .HYPERMAIDENですたい。

 友井も大好きな十文字青先生の二つ目のシリーズ第二部でございます。
 話の本筋は百合とはまったく関係ないんですが、この巻は百合がメインだといっても過言ではない内容になっております。
 まず表紙を開いての口絵がすごい! まるでマリみてのような雰囲気に『百合ktkr!』と歓喜してしまった自分がいます。誰が見ようと見間違えることのない百合臭。これで百合じゃなきゃ詐欺だってくらいの口絵でした。
 そして何より、内容が濃い!!
 香耶と奈々の二人の心理描写が、十文字先生特有のタッチで表現されています。
 二人の距離感・依存の度合い・揺れ動く心情・互いを思いやる気持ちが、分かりやすい文章で繊細に描かれています。自分の抱いている感情を醜く思いながらも、それでも相手を求めてしまう罪悪感。そして二人の心情に反して、運命は容赦なく襲ってきます。彼女らを待っている非情な現実とその結末。物語の展開も面白いので、百合が好きな人もそうでない人もぜひ読んでほしい作品です。
 この巻は本編の第二部ですが、ここから入っても十分読めます。
 それと一迅社文庫ですので、置いていない書店も多いかと思われます。そんなときはネット通販で手に入れてください。上のリンクでサイトのほうへ飛べるので。それででも。
 それにしても、十文字先生は同性愛を書くのが上手いなー。薔薇マリもそうだったしね。
 個人的に、先生にはもっと百合を書いてほしいんですが、無理・・・かな?
 
 他にもラノベでの細かい百合を紹介したいんですが、今回はここまで。
 百合アニメは大体は見たんですが、漫画と小説はまだ捜索中です。
 友井も知らない良作があるよ! ってときはコメントで教えてください。
 喜んで飛びつきますから。
 それでは、今日も素晴らしき百合に思いを馳せながら。
 友井架月でした☆
 

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

ゲームの企画を考えよう

 企画日記――この学校行く前の日記を習慣化しようかと考えてみる。


 咲-saki-第七局のEDがやりすぎな件について。
 以前、監督が原作の百合を意識しているとか何とかいってたけど。
 前言撤回。進化(あるいは暴走)させようとしているww
 ま、好きやからいいんだけどね。
 どーも、友井架月です。


 学校の課題でゲームの企画を考えています。
 お題であるコンセプトは『“空を飛ぶ気持ちよさ”を目一杯感じられるゲーム』でした。
 コンセプトが具体的なようで、意外と漠然としたものだった。
『空を飛ぶ気持ちよさ』といっても、色々あります。
 友井は最初、戦闘機を思い浮かべてしまいました。それなんてエースコンバット?ってな感じで。
 その次はバルーンファイト。かなり懐かしいゲームですが、あれはまた“空を飛ぶ気持ちよさ”とは違うような・・・
 後はスカイダイビング。あれは『飛んでいる』というよりは『落下している』ような気が・・・
 …………

 案が出てこなくなってしまいました。こうなったらどうしようもないので、一度視点を変えてみます。
 まずは“空を飛ぶ”という単純な視点に立って、思いついたものを考察してみる。
 そこで思いついたのは『スカイガールズ』や『ストライクウィッチーズ』といったアニメ。
 女の子が自由に空を飛んでいて『いいなー。俺も空を飛んでみたいなー』と思った人も多いはず。
 友井は女の子にしか目がいっていませんでしたが・・・
 こういう『ゲームであること』を意識せずにネタを考えるのは大事なことらしいです。
 ゲーム性なんてものは後から考えれば何とかなります。これはあくまでゲームの企画ですから。
『女の子を操って空を自由に飛ぶゲーム』
 ……何かちょっとやる気がでてきました。特に女の子の部分に猛烈に。

 何かやる気が出てきたので、ここは世界観からばっちり造っていきたいと思います。
 もうこのネタでお話一本できるぞ!くらいにまでは煮詰めたいと思います。
 提出する企画書にはそこまで凝った詳細は載せませんが、中々良いものができそうなんで。
 これを機会に暖めていきたいと思います。
 こういうネタを考える作業が一番好きです。小説を書くのも楽しいですが、頭の中であれこれ考えている時間が至福のひと時なのです。こういう人はクリエイターに向いているんでしょうかね。よくはわかりませんが。

 これから企画書を作る作業に移りたいと思います。
 ここが一番難しいんですが、なんとかやっています。
 毎週木曜はこういう学校の話や創作活動の話をメインにしようかな。と、考えてみる。
 ま、友井が友井なんで、そのときのノリと勢いで書いたりしますが、これもまた一興でしょう。
 それでは、またの日記まで。
 友井架月でした☆

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

始まりました

 開始日記――後先考えないのはいつものことなんです。そして後で苦しむ羽目になるんです。


『ほうかご百物語』ってラノベがあるんだけどさ、この前書店で見かけたとき『ほうかご百合物語』って一瞬見えたんだ。
 ……うん。分かってる。自分でも末期だって。もう行き着くところまで行ってるって思ったさ。
 でもね、そのとき思ったんだ。
『ほうかご百合物語』って、あったら読んでみたいな……って。
 そう思える自分は嫌いじゃないんだけどね。ほら、俺って真性だから。
 どーも、友井架月です。


 いきなりですがSILVER BULLET Ⅲのプロローグを更新してしまいました。
 本当はかぐやの後に書く予定だったんですが、たまらず書いてしまいました。
 そして、その勢いのままブログに載せてしまったんです。
 この後のことは考えていません。
 物語の大まかな構想はあるんですが、どうなるかは書いてみないと分かりません。
 細かい設定とか決めてないのも多いし、結構その場のノリで書いてしまうし。
 プロローグの段階で『あ、やべ。これ苦しいなあ』って思いながら書いてたんです。
 勢いでやった。後悔はしていない。公開はしてしまったけど。誰が上手いことを(ry
 なので、この先の展開は未知数です。
 最低でも、上手くいくことはないと思います。
 今までの人生で、上手くいったことなんて少ないんです。
 買い物のときに小銭を綺麗に出せたときくらいかな。小さいな。
 ま、そんな感じですが悲観はしていません。
 ポジティブなのが自分の長所です。
 考えなしともいいますが。

 それと、学校のGW課題で書いた作品は友井の誕生日にうpするつもりです。
 今までに書いた作品で一番短いショートショートなんですが、色んな意味での挑戦です。
 いままで散々百合!百合!って言っていましたが、初めて自分で百合を書いてみました。
 これ百合か?って自分でも思ったんですが、初めてにしてはそれなりの出来だと思います。
 ノリと勢いのままに書きなぐった作品でありますが、勉強になったので。
 誕生日まで少し時間がありますので、余裕があれば手直しもしたいです。
 分量自体も増やしたいのですが、そうすると長くなりすぎる気がしますので。
 それはそれで考えたいです。
 これはまったく新しい百合作品でも書いてみますか。
『ほうかご百合物語』……うーん、さすがにパクリすぎるな。
 ま、それは追々考えます。どうせ、書きたくなったら書くと思いますので。

 それでは、今日はこの辺でお暇します。
 小説もなるべく早く書きたいです。
 場合によっては一つの章をいくつかに分割して更新するかもしれません。
 それは書いてみてから決めようかと思います。
 まずは書いてみます。何事も形にしないと分からんとです。
 ではでは、また次回の日記にて。
 友井架月でした☆
 
 

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

百合とアニメと時々ロリコン

 感想日記――これ書いたら学校行くんだ。眠いけど、腹減ったけど我慢して書くんだ。


 最近めっさ暑いです。
 夏先取りしてんじゃね?ってくらい暑いです。
 ま、寒いよか良いんですがね。テンションも上がりますし。
 どーも、友井架月です。


 このごろ、ようやく百合発作が治まってきました。
 百合成分を充電しました。これで当分は持つでしょう。
 この間に、学校の課題で百合小説をちょろっと書いてしまったんですが、それは後ほど紹介するとします。
 それとガガガ文庫で『どろぼうの名人』という素晴らしい百合小説があるそうですが、近所の書店に置いてねぇ!! 数軒ハシゴしたけど見つからないorz
 これはアマゾンに頼るしかないのか・・・
 もう古本屋を数軒探してなかったらネット通販するしかありませんね。
 それにしても、ネットで買い物ができるとは便利な世の中になったものだと改めて実感しました。

 別百合の話。
 咲-saki-は相変わらず、素晴らしい百合具合です。百合が好きなら見とけってアニメですな。
 それと、和のペンギンになりたいって思ったのは俺だけじゃないはず。和のペンギンになって胸に(ry
 けいおん!は澪のゴスロリが素晴らしかったですね。
 澪が転んだシーンのMADがニコニコでうpされてましたけど、数日持たずに消されてた(残念)
 でも、あれはヤバいだろ。直接的なエロがなくても消されるってのは本物だと思う。

 あと、タユタマのましろはちっちゃい方が可愛いと思うのは俺だけでしょうか?
 あの舌足らずな感じが見ていて――たまらん!
 このロリコンがっ!! と、褒めていただければ幸いです。

 最近はこんな感じですかね。

 最後にラノベの宣伝を。
 電撃文庫より六月にロウきゅーぶ!(2)がでますぜ!
 全オレが待ち望んでいた続刊です!!
 これは素晴らしいロリ&スポ根小説なので、小さい女の子が好きな人もそうでない人も楽しめると思います。いや、これは勉強になりますぜ。この小説は構成が上手いからなー。起承転結がちゃんとなってるし、話も面白いしね。皆も新刊が出る前に第一巻を読んでみよう! ハマルぜ!

 それでは、時間もいい具合になったのでこれでお開きを。
 今回は色々と語りましたね。
 たぶん、次回も語ると思います。
 こんな友井ですがこれからもよろしくお願い致します。
 どーも、友井架月でした☆

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

こんな鬼ごっこは怖い

 ホラー日記――生きてます。ええ、生きてますとも。この格差社会の底辺でね。


 今日、専門学校から帰ってきたら、居間で弟が『ディスガイア2のラハール&フロンが倒せない』
 って嘆いていました。
 そこで俺は言ってやりました。お前に足りないものは果たして何か。それはだな。
 レベルだ。
 どーも、友井架月です。


 今日は学校のクラスメイト?におすすめのエロゲをレクチャーしていたところです。
 いえ、ちゃんと勉強もしています。バリバリしています。
 今日だって、ゲームランニングの授業で『鬼ごっこを題材にしたファミコンで作れる簡単なゲーム』というお題でゲームの企画を考えました。
 鬼ごっこっていったら誰でも子供のときにやった、単純かつ奥深い遊びでありますが、友井が思いつく鬼ごっこって言ったら『リアル鬼ごっこ』しかありませんって。
 おれ、佐藤って姓じゃなくて良かったよ…
 そんなこんなで、友井が考えたゲームはこんな感じ。

 小学校の旧校舎。

 夕暮れ時、日が暮れるのも忘れて無邪気に遊ぶ子供たち。

 鬼さんこちら、手のなるほうへ。

 遊びに夢中になっている子供たちは気づかない。

 遊んでいた子供の数が、ひとり増えていることに・・・


【ストーリー】

 小学生時代の同級生が高校に入学する頃、久しぶりに皆で会おうということになった。
 昔みんなで通った小学校はもうすぐ取り壊されるというし、ちょうどいい機会だろう。
 久しぶりに会った友人たちはみな元気そうでなによりだ。
 そこで昔を懐かしんだ俺たちは、小学生だった頃よく遊んだ旧校舎へ向かうことになった。
 それまでは楽しんでいた俺たちも、旧校舎に入るなり妙な寒気に襲われた。
 よくある噂話だ。旧校舎で鬼ごっこをするときは気をつけろ。
 途中から、メンバーの中に本当の鬼が混ざって子供を殺してしまう、と。
 ただの噂話だと思っていた。だが、現実にソレはやってきた。
 鬼は次々に獲物を襲い、その身を鮮血で染めていく。
 俺たちはバラバラになって鬼から逃げるうちに、互いに互いを疑うようになる。
『もしかしたら、俺たちの中に鬼がいるんじゃないか?』
 疑心暗鬼に陥り、誰も信じられなくり、俺たちは恐怖と絶望の中を逃げ続けることになる。
 それからが、本当の鬼ごっこの始まりだった。




 これを授業中に考えてしまう自分の妄想力が一番怖いと思います。 


 はい。もう当初の目的も忘れてしまいましたが、個人的には気に入ったシナリオなので、このネタを使いたい人は自由に使ってください。友井は他にも沢山ネタありますし、そのうち新しいのを思いつくと思いますので。ただし、本当にこのネタを使うときは友井に一報をば。友井も喜んで応援させていただきますので。(そうなった場合、『原案・友井架月』ってなるんだろうか)

 今日はそんなこんなな一日でした。
 本当に勉強しているのか? って話ですが、友井は日々勉学に励んでいますとも。
 さて、明日も勉強のためにゲームをしなくては。
 友井架月でした☆
 
 

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

百合中毒

 百合日記――最近はロリよりも百合のほうが好きかもしれん。ま、依然としてロリコンではあるが。


 先日の法事での話。
 寺でお茶をご馳走になったとき、茶を淹れていたお坊さんの娘である幼女が可愛かった。
 おい、そこ。俺を変な目で見るな。純粋にその女の子が可愛いと思っただけだこのやろー。
 俺が幼女に萌えるのは二次元での話で三次元ではねーんだよ。
 あ、また俺を変な目で見やがって。その目んたまくりぬいてやろうかこのやろー。
 どーも、友井架月です。


 最近また発作がはじまりました。
 百合中毒です。
 アニメ咲‐saki‐を見ていたらなんかムラムラきました。
 ヤバい。あれはヤバいって。
 特に頬を赤らめる和なんてツボです。ポケモンのツボツボはチート防御だけどね。完璧なネタキャラ。
 アニメは原作よりもさらに百合が強調されている感じ。
 監督……わかってやがる!
 原作も明らかに百合を意識して描かれているしね。
 あれもうヤングガンガンじゃなくて百合姫で連載してもいいんじゃね?って話。
 個人的に月間百合チャート一位をぶっちぎっています。

 それと、けいおん!もそこはかとない百合臭が。
 あれは女の友情よりの気がするが、所々に百合百合しい演出が。
 個人的に澪がツボ。ポケモンのツボツボは(ry
 俺がもし女だったら真っ先におそt……お友達になりたいなぁ(遠い目)
 
 友井は何週間ないし何ヶ月かに一度、猛烈に百合成分がほしくなります。
 百合!百合をくれ!!give me yuri!濃ゆいのをひとつ!
 百合の良作を見つけてしまうと、途端にヒートアップしてしまいます。
 もはやL5です。末期です。そのうち隔離されるんじゃないでしょうか?
 おそらく、友井は百合インフルエンザに感染しているのでしょう。
 この病気が日本中を震撼させないことを願います。
 そうなってしまったら、日本はもう終わりですが。

 そんな百合中毒中の友井ですが、そうなってくると当然のように百合が書きたくなります。
 小説愛好家としての血でしょうか。自分も百合を書きてー!となってきます。
 しかしいかんせん。書きたくてもネタが…
 現在連載中のシリーズにもそれっぽい話は用意してるんですが……まだそこまで到達していない。
 これは新しい短編でも考えるべきか…
 数日は悶々とした日々を送ることになるでしょう。
 百合の破壊力はすごいんじゃい。と、最近特に百合に敏感になってきたトモイが言います。
 うん。百合っていいね。なんか、すごい幸せな気分になるもんね。

 そんなこんなで、幸せな気分に浸る友井なのでした。
 百合書きてー。
 友井架月でした☆

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

今月は

 皐月日記――【もうすぐ】薔薇マリのルーシーに騙されたのは俺だけではないはず【19歳!】


 あんな可愛い子が女のはずがない!
 いつか書いてみたい、そんなキャラ。
 でも、文字だけでは表現しづらいのが難点だ。
 どーも、友井架月です。


 薔薇のマリアの最新刊が発売されましたね。
 表紙を見て『うっひょーこれが新キャラかー』と興奮して読んでみたら愕然としてしまうトラップ。
 衝撃の真実を知って呆然としてしまったのは俺だけじゃないはず。
 十文字先生は読者をアッと言わせるのがうまいなー。
 そして、怪しい方向にフラグが立つ立つ。
 可愛い男の子同士ってのもそれはそれでいけるかも……
 
 それはさておき!
 今月は友井架月の誕生月であります。
 もうすぐ19かー。
 そう考えてみると、中々感慨深いものであります。
 今までは早く歳を取らないかなーとか思っていましたが、現在は限られた時間の中で何を残せるのか、と思うようになりました。
 これは成長したと見るべきか。
 それとも何も成長していないのを嘆いてのことなのか。
 それは誰にも分かりませんが、大切なのは意識を持ち続けることだと思います。
 見たこと、聞いたこと、感じたことを物語として描く。
 一つ一つに感情をこめ、物語の中に自分の分身を作り上げていく。
 自分では決して体験できないことを物語の中で体験させ、相手に伝えたいメッセージをキャラに代弁させる。

 作品を通して自分の想いを誰かに伝える。
 それは、何かをやり遂げようという意識がなければできないことだと思います。
 自分に何ができるかなんて見当もつきませんが、こうして小説を書くことはできます。
 小説を通してなら、自分が伝えたいことを伝えられると思います。
 自分はまだまだ未熟ですが、未熟なら未熟なりに努力することはできます。
 努力といえば大層な響きですが、やってることはただ小説を書くことだけです。
 小説を書くことが自分の人生ですし、小説を書いているうちは自分でいられます。
 まだまだやりたいことは沢山あるので、今はまだ友井架月でいたいと思います。
 この名前をいつまでも使えることを切に願いつつ、
 今日も物語を描き続けたいと思います。
 それでは、久しぶりに真面目な文章を書いたので、今日はこの辺にしたいと思います。
 友井架月でした☆
 

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

友井架月

Author:友井架月
筆名:友井架月(ともいかづき)
性別:男
血液型:A型
誕生日:5月30日
趣味:創作活動
詳細:平成生まれの自由人。より良い作品を残すために日々模索中
ピクシブにて18禁らしい小説も投稿中。

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
fxwill.com
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
特に意味のないつぶやき
バナー
友井さんのサークルの同人ゲームのサイト
赤い蒼 赤い蒼 赤い蒼 赤い蒼 赤い蒼
友井さんがライターで参加した企画 【ナマイキデレーション】応援中!
パパの大暴走~保母という名の玩具~
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
リンクフリー。 相互リンク絶賛受付中!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。